なまけものくらぶ

面倒くさがりのアラサーがもがく日々の記録

なまけものくらぶ

【洋画】おすすめホラー映画7選!!

f:id:whitexblue:20210924215358p:plain

ゴッテゴテのホラー映画はちょっと苦手…だけどホラー映画みたい!!

そんな方におすすめのそれほど怖すぎない・かつ面白いホラー映画をご紹介したいと思います。

『ジェーン・ドウの解剖』

【原題】The Autopsy of Jane Doe

【制作】2016年

【本編】86分

あらすじ

以下、あらすじをfilmarksから引用させて頂きました。

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

引用元:ジェーン・ドウの解剖 - 映画情報・レビュー・評価・あらすじ・動画配信 | Filmarks映画filmarks.com

個人的【オススメ度】

★★★★☆ (星5中4)

ジェーン・ドウ」っていうのが、日本で言うところの「名無しの権平」みたいな意味 らしいです。あまり怖すぎないおすすめを紹介すると言いながら、早速こちらの作品、結構ホラーです。ごめんなさい。でも面白いんです。是非みて欲しい。ホラーと見せかけて、サスペンスみが強い作品って割と多いのでこちらもそういう系かと思っていたのですが、しっかりホラーでしかもちゃんと怖かった、けどストーリー的に面白かったのでかなりおすすめなのです。

フィルマークス平均評価3.5とそんなに高くないようですが、なんでだろう、個人的にはすごく面白かったなーって思ってます。最初はこの遺体は一体誰なの?何?え、なんで?と謎ばかりだったのが解剖を進めていくうちにだんだんとわかっていく感じがよかったです。それでいてしっかり怖いってのも。

主人公親子はなんにも悪くないんで完全にものすごくひどいとばっちりなんですけど、息子オースティンの彼女がそれよりもっととばっちりで本当にかわいそうでした。

(まあホラーなんて大体はとばっちりか。たまに自業自得のもあるけど。)

死霊館シリーズ』

世界一?有名な(チャッキーも有名ですが、実在してないので一応1番と言うことで。)実在する呪いのお人形アナベルのお話シリーズです。

がっつりホラーですが、ホラーが苦手な方でも見れるレベルではないかとは個人的には思っています。

シリーズ

最新作は2021年10月1日より公開です。

1、『死霊館』(2013)
2、『アナベル 死霊館の人形』(2014)
3、『死霊館 エンフィールド事件』(2016)
4、『アナベル 資料人形の誕生』(2017)
5、『死霊館のシスター
6、スピンオフ『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』(2019)
7、『アナベル 死霊博物館』(2019)
8、『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』(2021)

個人的【オススメ度】

★★★★☆ (星5中4)

個人的にはこのシリーズが大好きです。8作もあるのでちょっと長いようですけど、全く長く感じないです。ただ、スピンオフの『ラ・ヨローナ』に関してだけは本当にイマイチでした。しかもスピンオフとうたっていますが、ほぼ死霊館と関係ないので(全くと言っても良いかもってくらい;)見なくてもいいかなーって感じです。悪魔系ですけど、エクソシストが見れないわたしでも見れるので、怖いの得意ではないけど見たいって方でも見れると思います多分。誰かと一緒に見れば大丈夫!!

ゲット・アウト

【原題】Get Out

【制作】2017年

【本編】104分

あらすじ

以下、あらすじをfilmarksから引用させて頂きました。

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで気が滅入ってしまう。そんななか、どこか古風な黒人の若者を発見し、思わず携帯で撮影すると、フラッシュが焚かれた瞬間、彼は鼻から血を流しながら急に豹変し、「出ていけ!」と襲い掛かってくる。“何かがおかしい”と感じたクリスは、ローズと一緒に実家から出ようするが・・・。

引用元:filmarks.com

個人的【オススメ度】

★★★★☆ (星5中4)

こちら、 ホラーよりもサスペンス要素が強い 作品です。

序盤は平和な雰囲気ですが、ジリジリじわじわと不穏な雰囲気が漂い、違和感を感じてきます。

数々の 伏線を中盤以降にどんどん回収していく のがとても面白く、結末までみた後に改めて2度目を見るのもおすすめ。よく考えられている作品だなあと思いました。 色々な解釈 もできるので、見終わった後に、一緒に見た人とそれぞれの見解を話し合うのも楽しそうです。

見る前と見た後では『ゲット・アウト』というタイトルの意味も異なる捉え方になるかと思います。

DVD版では本編と異なるもう一つのエンディングが用意されていました。 わたしは本編バージョンが好みでした。あなたはどちらがお好みですか?

エスター』

【原題】Orphan

【制作】2009年

【本編】123分

あらすじ

以下、あらすじをfilmarksから引用させて頂きました。

この娘、どこかが変だ。その“正体”が見えた時、世界中がショックに震えた。

引用元  filmarks.com

あらすじ短めです。これは内容をあまり書いてしまうとつまらないので、是非ご自身で見て確かめて下さい。

個人的【オススメ度】

★★★★☆ (星5中4)

こちらの作品は ホラーというよりもサスペンスやスリラーより です。おすすめホラー映画といえばという話題になると、必ず入ってくる作品だと思うのですが、怖そうすぎてずっと見るのをためらっていたのですが、おばけ系ではないので全く問題なく見れましたし、とても面白かったです。 人間って怖いね系のやつ です。

比較的古めの作品ながら、ずっとオススメにあげられて今もなお見続けられているだけあるなーという内容です。とてもオススメ。

『アス』

【原題】Us

【制作】2019年

【本編】116分

あらすじ

以下、あらすじをfilmarksから引用させて頂きました。

アデレードは夫のゲイブ、娘のゾーラ、息子のジェイソンと共に夏休みを過ごす為、幼少期に住んでいた、カリフォルニア州サンタクルーズの家を訪れる。早速、友人達と一緒にビーチへ行くが、不気味な偶然に見舞われた事で、過去の原因不明で未解決なトラウマがフラッシュバックする。やがて、家族の身に恐ろしい事が起こるという妄想を強めていくアデレード。その夜、家の前に自分達とそっくりな“わたしたち”がやってくる・・・。

引用元 filmarks.com

個人的【オススメ度】

★★★★☆ (星5中3.8)

なーんか見たことがあるような雰囲気のジャケットと思ったら、やっぱりゲット・アウト』と同じ監督、ジョーダン・ピールの作品でした。 世界観独特ですよねえ。

ゲットアウトがとても面白かっただけにすごく期待してみたので、ちょっと期待値の設定を間違えてしまったかなあと思います。なのでゲットアウトは越えられず、という感じ、ではありますがそれでもとても面白かったです。

結構謎が多いので、終わったあとに色々考えて余韻を楽しめる作品です。

『ファイナルデッドシリーズ』

filmarks.com

シリーズ

全5シリーズ、 グロいので嫌いな方は注意 です。超絶簡単に説明すると、事故で死ぬ運命だった人々のうち1人が、その事故の予知夢を見る→みんなを救う→運命は変えられないと証明されるかの如く、死ぬ予定だった人々がバリエーション豊富な死に方でピタゴラスイッチ的に死んでいく、と言うお話です。シリーズ全てベースとなるストーリーは同じでですので、違うのは事故の内容や人々の死に方が異なるというぐらいです^^

第1作目『ファイナル・デスティネーション』(2000)
第2作目『デッドコースター/ファイナル・デスティネーション2 』(2003)
第3作目 『ファイナル・デッドコースター 』(2006)
第4作目『ファイナル・デッドサーキッド 』(2009)

個人的【オススメ度】

★★★★☆ (星5中3.5)

全て通してみると、シリーズの繋がりが描かれていますので是非最後の5作品目まで見ていただきたいです。スプラッター系が好きな方はとても楽しめると思います!

あとは、 バイオハザードアリ・ラーターや、クリミナルマインドのA・J・クックの若くて可愛い姿が見れる のも見どころです!

似たような題名でパクリみたいな全く関係のない作品が結構あるので気をつけてくださいね。

『パーフェクトトラップ』

【原題】THE COLLECTION

【制作】2012年

【本編】82分

あらすじ

以下、映画.comより引用させていただきました。

「ソウ」シリーズの脚本家パトリック・メルトン&マーカス・ダンスタンによるホラー「ワナオトコ」の続編。友人に誘われて怪しげなクラブへ遊びに行った富豪の娘エレナ。そこには、連続殺人犯「コレクター」が仕掛けた恐ろしい罠が張り巡らされていた。周囲の人々が惨殺されていく中、逃げ惑っていたエレナは箱の中に閉じ込められ、コレクターに連れ去られてしまう。事件を知ったエレナの父親は、娘を救うべく捜査チームを結成。唯一の生還者であるアーキンも呼び出され、コレクターの隠れ家へと踏み込んでいく。

引用元 eiga.com

個人的【オススメ度】

★★★☆☆ (星5中3)

ストーリーや内容については置いておいて…(笑)スプラッター系が好きな方へめちゃくちゃオススメ!

ワナオトコの続編ということでしたが、そちら未視聴でも全く問題ないです。

まとめ

怖いのが得意ではないけれども好きで見たい!!という方におすすめのホラー映画をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?まさにわたしも得意ではないけど、たまに衝動的に見たい!!ってなるのですが、見てるうちに少し耐性が付いてきたような気がするんですよねぇ!でも、未だに日本のホラー映画は見れないですし、海外のものでも悪魔系の超怖そうなやつや、ジャケットからしていかにも怖そうなやつは見ることができないです。やっぱり日本のホラー映画のほうが怖くないですか?どうです?

得意ではないですが、好きではあるのでこらからも徐々にご紹介していきたいと思います!