【ドラマ】『クリープショー』シーズン1第3話【ハローウィンの夜/スーツケースの男】のあらすじレビュー!

ドラマ
スポンサーリンク

 

前回は、拾った指がクリーチャーになって人殺しするお話が印象的でした。もしかしてあれって、指は精神異常者クラークの妄想で、本当は自分で殺してたのでは…なんて思ったりしました。そっちのほうがホラー味増しませんか?

⇒シーズン1第2話のあらすじはこちら!

【ドラマ】『クリープショー』シーズン1第2話【バッド・ウルフ・ダウン/指】のあらすじレビュー!
ドラマ版クリープショーは、1982年に公開されたジョージ・アンドリュー・ロメロとスティーブンキングという2人のホラーの巨匠が製作した映画を、ウォーキングデッドの製作陣がドラマ版として復活させた作品です! ⇒シーズン1第...

※以下、ネタバレも含みますのでご注意下さい!!※

スポンサーリンク

第3話『ハローウィンの夜』のあらすじ

ハローウィンの夜。仮装に身を包む少年少女のグループが、いつくかの家を回っていきます。

アメリカのハローウィンでは当たり前の光景、かと思いきや、彼らを見るや、訪ねる家の住人達は皆の恐怖の表情浮かべ、彼らを追い払うかのような態度を取ります。

そして最後に訪れた家では、住人が銃を持って待ち構えていました。なぜそんなにも彼らを恐ろしがるのでしょうか…?悲しい真実が隠されているのでした…。

 

悲しすぎる真実

なんでみんなそんな彼らを恐ているのだろう?から始まり、彼らも彼らで結構強引というか、あまり態度がよろしくない感じだったので、アレ?彼らが何かしたのか?不良グループか?いやでもそんな風には見えないなぁ?からの悲しすぎる真実で同情。でも、だからって、殺して回るのは良くないよね!!

最後のエディーママは意外と諦めが早く、すんなり引き渡した感ありましたが。

あと。幽霊も食べ物食べられるんだ、へーえ!

 

第3話『スーツケースの男』のあらすじ

ジャステンが空港で自分のものと間違えて受け取ったスーツケースから、男の声がします。開けてみるとなんと中には、体中を折り曲げられてギッシリと詰められた男性がいました。

ジャステンが助けようと男性の体を引っ張ると、彼の口から硬貨が飛び出してきました。

同居人のアレックスにそのこと状況を見せると、彼はよからぬ事を提案するのでした…。

 

個人的に高評価

今までの話の中で一番好きかもしれません。ホラーというよりは、世にも奇妙感強めのバチ当たり系のやつ。

やっぱりダメなことした人には、死ぬまでいかずとも痛い目見てほしい、と思うわたしは善人ではなさそうですねw

 

ランプの魔人ならぬスーツケースの魔人みたいな感じですかね?あのアラブ系の人、スーツケース魔人界のトップっぽい感じでしたけど、じきじきにスーツケースに入るなんてどういうことなんでしょね?

ジャステンのこと、良い子だと言ってましたがカーラとアレックスの2人が相当なアタオカのク◯だっただけで、ジャステンがそんなに良い子とは思いませんでしたけどね!!

 

まとめ

★いじめ、だめ、仕返しもだめ!
★大金を前にしても自分は見失わないこと!

Huluで見る!!

コメント