『グリム』シーズン1第14話【威厳ある死】のあらすじレビュー!

ドラマ
スポンサーリンク

 

今回はついに・・・!!ジュリエットとモンローが初対面しました。

ジュリエットは危険な目にあってしまいましたが、モンローのおかげで無事でなによりです。

 

⇒シーズン1第13話のあらすじはこちら!!

『グリム』シーズン1第13話【3枚のコイン】のあらすじレビュー!
今回は魅惑の“3枚のコイン”で誰もが我を失ってしまうというちょっとロードオブザリング的なお話でした。 危うくハンクまでおかしくなりかけてましたが、元に戻ってよかったです。 そしてニックの両親やおばマリーの過去のことも少しわかった...

※以下、ネタバレも含みますのでご注意下さい!!※

スポンサーリンク

第14話『威厳ある死』のあらすじ

廃墟へ銅を盗みにきた男二人が焼き殺されてしまいます。

調査の結果、 燃料はなんと人間の脂
でした。

さらに、建物の所有者が襲われたという連絡が入り、ニック&ハンク&ウーさんらは現場へ向かうと、犯人の似顔絵と同じ顔の男がガスのようなものを吐き、炎をだし攻撃してきました。

ニック達は間一髪炎を免れましたが、男は逃げてしまいました。

 

燃料の資質のDNA鑑定の結果、フレッド・エバーハートという人物が浮かび上がりました。

彼は退役軍人で現在の住所は不明。娘のアリエルの電話番号を確認すると、自宅ではなくクラブの番号でした。ニックは帰り道にクラブへ寄ってみるとなんとそこにはモンローが客として来ていました。

 

ハーバード親子はデーモンフュアーというヴェッセンで竜に似た血統の種族です。

アリエルに父フレッドの居場所を聞きますが、わからないと話します。しかし怪しいと感じたニックはアリエルを尾行しますが、気づかれてしまいます。

 

フレッドの元仕事仲間によると、2週間前に炭坑に続く廃線のそばでフレッドを見かけたということですが、署に戻るとアリエルからニックへ、『父を探すことを協力するから、今夜家にきて』と連絡が入ります。

その夜、ハンクとともに彼女の家へ行きますが、彼女の姿は無く、ニック達は一旦引き揚げることに。自宅に帰るとそこにジュリエットの姿は無く、待っていたのはアリエルでした…。

二人兄弟

今回モチーフとなったグリム童話は『二人兄弟』です。

グリム語録

デーモンフュアー 竜に似た血統の種族 。

まとめ

ちょっと今回の殺人動機とか、ニックが利用されたこととか、イマイチピンと来なかったです。わたしの理解力不足なのか。。

目的は父に尊厳ある死に方をさせたかったってことですが。なぜこのタイミングでこんな無理やりなやり方で?古典的すぎるというか、あまりにもおとぎ話ちっくすぎるやり方で?そして、アリエルも一緒に死ぬのかと思ったら生きているし?んー?

見終わった後に、頭の上にハテナがいっぱいでしたw
そうか、フレッドちょっと具合悪そうだったから、病気で死ぬ前に早く尊厳死を!!ってことだったのか。

まあ巻き込まれたニックとジュリエットにしちゃいい迷惑って感じですよね。

モンローとジュリエットの初対面がこんな形とは想像していませんでした。

Huluで見る!!

コメント