【ドラマ】『グリム』シーズン1第11話【悲しき性】のあらすじレビュー!

ドラマ
スポンサーリンク

 

前回は完全に悪なハゲタカの魔物、ガイガーのお話でした。

今回はやっていること自体は人間にとっては悪いことですが、うーん、完全に悪とは言い難いちょっとかわいそうな魔物のお話でした。

そして魔物の総称を“ヴェッセン”というらしいことがわかりました!ニックもそれを初めて聞いて「ヴェッ・・?」ってなってました(´∀`)

 

⇒シーズン1第10話のあらすじはこちら!

【ドラマ】『グリム』シーズン1第10話【臓器ビジネス】のあらすじレビュー!
前回は、悲しいはつかねずみのお話でした。 シーズン1も早くも10話目と大体半分くらいまできましたね!! 後半はどんな展開になっていくのでしょうか。 ⇒シーズン1第9話のあらすじはこちら! ※以下、ネタバレも含み...

※以下、ネタバレも含みますのでご注意下さい!!※

 

スポンサーリンク

第11話『悲しき性』のあらすじ

ある画廊のイベントでライアンという男がリサという女性をナンパ。自宅へお持ち帰りすると、狐の魔物に変化したライアンはリサへ襲いかかります。

リサは抵抗しますが、なんと自身も蜘蛛の魔物に変化し、ライアンから内臓を吸い出し殺してしまいます。

 

翌朝、呼び出されたニック&ハンクは現場へ赴くと、ライアンの遺体はミイラのような状態で、遺体のそばからは爪にマニュキアが塗られている指が落ちていました。また、ロレックスの時計が盗まれていました。

 

調査を進めると、5年おきにそれぞれ別の場所で同じような事件が3回づつ起きていることが判明。そんな中ライアンに続く二件目の殺人事件が発生してしまいます…。

 

化け蜘蛛

今回は「化け蜘蛛」とい怪談がモチーフとなっています。作者はラフカディオ・ハーン。え、外国人?って感じですよね。イギリス生まれですが、小泉八雲と名乗ってなんと日本国籍も取得していたとか。そんな人がいたんですね。驚きです。

 

グリム語録

ヴェッセン魔物の総称。

スピナトッド スピナトッドは老化が非常に早く、それを抑えるためには5年に一度、若い男の命を吸うしかない。罪悪感を感じているが、抑えることができない。頻度は5年に一度。なぜだか光物が好きで、奪ってしまうらしい。

 

まとめ

急激な老化で死んでしまうので、どうしても殺すしかない。しかもリサの場合は愛する夫と娘がいましたし、泣きながら犯行に及ぶリサをみてちょっと悲しくなりました。

通常は性交渉のあと、オスは殺されてしまうそうなのですが、この二人は本当に愛し合っていたんですね。切ない。

最後に娘の姿がスピナトッドに変化するところをみて、ああ、この悲劇は続いてしまうのねとなんとも言えない気持ちになりました。

 

ところで、以前一度出て来たアイスビーバーのヴェッセンがまた出て来ましたね!2回も出て来たんで、また出てきそうな気がします。

Huluで見る!!

コメント