『アップロード〜デジタルなあの世へようこそ』シーズン1第1話【アップロードへようこそ】のあらすじレビュー!

ドラマ
スポンサーリンク

Amazonプライム・ビデオオリジナル作品の『アップロード〜デジタルなあの世へようこそ』を見てみました。

面白くなかったら1話みてやめようと思ったのですが、めっちゃ面白かったです!!これはおすすめ。

ジャンルとしてはSFコメディのようです。死後の世界を描いていますが、シリアスすぎず、たまにクスッとさせてくれるので見やすい感じです。

スポンサーリンク

『アップロード〜デジタルなあの世へようこそ』の登場人物

◎ネイサン・ブラウン(ロビー・アメル)
主人公。27歳。生前はアプリ制作の仕事をしていたようだが詳しいことを覚えていない模様。交通事故で死んでしまい、死後の正解レイクビューへアップロードされる。

◎ノラ・アントニー(アンディ・アロー)
アップロード顧客サポートで働く女性。ネイサンの担当となる。映画「50回目のファーストキス」が好きらしい。◎イングリッド(アレグラ・ローズ・エドワーズ)
ネイサンの恋人。割と傲慢でわがままで自分本位。

◎ジェイミー(ジョーダン・ジョンソン・ハインズ)
ネイサンの同僚?

※以下、ネタバレも含みますのでご注意下さい!!※

第1話『アップロードへようこそ』のあらすじ

未来の世界

人は死後に自分の理想の仮想世界に自分の魂をアップロードして生きてけるような時代となります。

ある感謝祭の日、主人公ネイサン・ブラウンは家族との集まりの帰りに、交通事故にあってしまいます。

レイクビューへのアップロード

肺が破裂して死にそうなネイサンは、病院へ運ばれると、恋人のイングリッドの家族が利用しているアップロード先「レイクビュー」へアップロードをするか、手術をするかという選択を迫られます。

時間のなさと、イングリッドの強引さからアップロードすることになってしまったネイサンですが、ノラの手続きによってレイクビューへ無事アップロードされます。

自暴自棄になるネイサン

レイクビューでは何かを購入する際にお金がかかる場合がありますが、イングリッドの家族パッケージみたいなものでアップロードされているネイサンは、イングリッドの許可がないと自由に購入もできない状態。
慣れない仮想世界へストレスが溜まったネイサンは自暴自棄となり仮想世界と現実世界をつなげている「三途の川」へ向かいます。

しかし、そこへ行ってしまうと全て消滅して元に戻ることはできなくなってしまうのです。
ネイサンはノラの必死の説得を受け、三途の川へ行くことを思いとどまります。

まとめ

死後は自分の好きな世界で生き続けることができるなんて最高ですよね。
でも永遠にいきることは果たしていいことなのでしょうか。
人は寿命があり、生きることができる時間が限られているからこそ、人生を充実させたいと思うのだと思いますけどね。

そもそも、死後は理想の世界で不自由なく生きられるなら、現実世界で辛い思いして生きていくよりも死んだ方がいいじゃん、と自殺者が増えたりしそうですけどね。

あとは、アップロードにもお金がかかるようなので貧困の差で思うようなサービスが受けられない可能性もあると思うので、色々と問題がありそうですね。

そんなことはさておき、ネイサンは永遠にイングリッドの支配下でアップロードされ続けるのでしょうか。見た感じ、ネイサン→イングリッドには愛がなさそうでしたが・・・。この場合の永遠はかなりしんどいと思います。
イングリッドはお金持ちなんですかね。

あと、ネイサンの死に関しては結構疑問があります。
個人的な見解ですが、近未来、AIは最強っぽかったので交通事故はありえなさそう。AI運転で車事故なんて無いって誰かも言ってましたよね?
ネイサンの仕事の記憶が曖昧なのもおかしいですし、最後の場面でノラの職場のPCが勝手に操作されてさらに記憶が消されてたみたいですよね。
何か誰かにとっての不都合な事実を抹消するために、ネイサインが殺されたというような気がします。

わたし的に今のところ怪しいのは、同僚のジェイミーかイングリッドですね。
ネイサンの実家で、イングリッドとジェイミーが顔を合わせた時の感じ、なんか怪しかったので、両方がグルって可能性もありますかね。

とか色々考えて止まらなくなってしまいました。

あとは余談ですけど、わたしも大好きな「50回目のファーストキス」の場面がでてきたり、上司の名前が「ルーシー」(50回目のファーストキスの主人公と同じ名前)だったりして面白かったです。

ネイサンがイングリッドに買い物を頼まれて立ち寄ったお店が「ブルーミングデールズ」だったのは海外ドラマ「フレンズ」でよく出てきたデパートの名前と同じなのは関係ないかな?どうなのかなと思いましたん。

\Amazonプライム・ビデオで見る/

コメント