『グリム/GRIMM』シーズン2第9話【泣き女】のあらすじレビュー!

ドラマ
スポンサーリンク

今回はちょっとホラーちっくなお話でしたね。

泣き女が怖い顔で結構ビビリました…。

⇒シーズン1のあらすじはこちら!!

『GRIMM/グリム』シーズン1あらすじ総まとめ!
グリム童話に出てくる魔物達が現代の現実世界に実在しており、人間社会で様々な悪事を働きますが、主人公ニックは魔物の真の姿を見ることができる”グリム”という存在。その類まれな力を持って個性豊かな仲間達と共に魔物達を退治していくというダークファン...

⇒シーズン2第8話「別の顔」のあらすじはこちら!!

『グリム』シーズン2第8話【別の顔】のあらすじレビュー!
今回はとてもかわいそうなお話でした。身勝手な親のせいで苦しめられる少年。 生まれる前から決まってしまった悲しい運命。親の身勝手なエゴで子を操作するなんて許せません!! ⇒シーズン1のあらすじはこちら!! ⇒シーズン...

※以下、ネタバレも含みますのでご注意下さい!!※

スポンサーリンク

シーズン2第9話「泣き女」のあらすじ

今回は題名そのまま「泣き女」という中南米に伝わる昔話がモチーフとなっています。

少年の誘拐事件発生

誘拐される直前、父のルイスが、泣きながら川に入って自殺しようとしている女性を見つけ、助けに行こうとしていました。しかし川に入っても女性は見つからず、気がつくとその女性が息子のラファエル手を引いて歩いており、そのままどこかへ消えてしまいました。

ラ・ジョローナ

ルイスがスペイン語しか話せず、通訳が遠方にいる為、ニックは代わりにジュリエットに通訳を頼みます。

ルイスの自宅を確認するが、ラファエルの姿はありませんでした。

そこへ犯人を知っているという謎の女性が現れ、ラ・ジョローナ(泣き女)という幽霊の仕業だと言うのでした。

バラームの協力者

一旦署に戻ると、アルバカーキの刑事ヴァレンティーナ・エスピノーサが協力したいとやってきます。

ヴァレンティーナによると、女は必ず少年2人に少女1人を、ハローウィンの夜0時までに誘拐し、その後姿を消すといいます。

実はヴァレンティーナは過去に、甥を今回の事件と同じように誘拐されており5年間事件を追っていますが、既に刑事をクビになっていました。

そして彼女はバラームというヴェッセンでした。

そんな中、2人目の子供が誘拐されますが事件はFBIの管轄となってしまいます。

しかしニック&ハンクは何としても3人目の誘拐を防ぐ、ヴァレンティーナと共に動き出します…。

まとめ

ラ・ジョローナはヴェッセンではない?

結構スーパーナチュラル的なお話でした。本当に、泣き女の顔が怖かった〜。

最後は海の底に消えてしまいましたけど、やっつけたわけではないですよね。また来年とかも出てくるんでしょうか。。

それにしても、モンローのイベントを徹底的に楽しむ姿は本当にcuteですよね!

クリスマスとハローウィンでダンボール50個分くらいありそうですけど、保管しておく為に1部屋必要ですねきっとw

泣き女の仕業だと言ったり、ジュリエットに助言?お節介?してたあの女性は一体何者なんでしょう〜。ジュリエットはなんか怒ってましたけどあんなに言い当てられて、もしわたしだったらすごいじゃん!!!!と思って興奮してもっと話聞いちゃいますけどねw

\2週間無料!!Huluで見る/

Hulu公式HP

コメント